ディッキアとは

Dyckia(ディッキア)とは

ディッキアとは、南米産のブロメリアと呼ばれる多肉植物の一種です。

 

日本ではまだ流通量も少なく、一般的とは言えませんが、上から見ると☆形やヒトデのように見える姿と、ノコギリの歯のような葉の形(鋸歯:きょし)が特徴の、とても魅力的な植物です。

大きく分けると原種と交配種があり、特に原種の掛け合わせから作出された交配種には、園芸品種も多数あり、真っ白だったり、鮮やかな色だったり、斑(ふ)が入っていたり、鋸歯が密に生えていたりと、様々なタイプがあります。野性味溢れる原種も、特にマニアの間では非常に人気があります。

 

ディッキアにはどんな特徴があるの?

ディッキアに関して言うと、種類が違っても、性質的な部分はかなり似通っていて、ほぼ共通だと思います。ただ、見た目的な特徴の違いはかなりあると思います。

↓↓↓

ディッキアの特徴

 

ディッキアにはどんな種類があるの?

ディッキアには、大きく分けると原種と交配種があります。原種は主に南米の地域に自生しており、交配種は、人工的な掛け合わせによって、各国の育種家さんによってかなりのパターンが作られており、現在でも増え続けています。

↓↓↓

ディッキアの種類

 

ディッキアはどうやって育てるの?

はじめてディッキアを手にした方向けに、初心者用の解説をまとめてみました。

↓↓↓

ディッキアの育て方

※もっとわかりやすい表現があれば、どんどん追記・変更していきたいと思います。

※2021年2月3日更新